相続不動産に関わる複雑な登記手続きを一括して行う安心パック

相続不動産に関わる複雑な登記手続きを一括して行う安心パック

相続登記はいくらかかるの?  どこまで手続きを行ってもらえるのだろう?
お客様のご要望にお応えするため、相続登記手続きを一括して行う「安心パック」をご用意させていただきました。
『相続登記安心パック』は、煩雑な登記手続きをお客様に代わって、戸籍収集相続関係説明図の作成遺産分割協議書の作成並びに相続登記手続きまでを一括して行うお任せのシステムです。
相続登記手続きのみの依頼も受け付けています。

相続登記安心パックの費用

相続登記安心パック58,000(税別)(登録免許税等の実費は除く)

金融機関の口座解約手続き等の諸手続きも行う『 相続手続一括安心パック 』についてはコチラから  >> 

不動産相続登記のみの費用

「法務局に相談に行ったけど、土地建物の名義変更の手続は大変そう・・・
    何度も足を運ばなきゃいけなくなりそうだし・・・」
「遺言書が出てきたけれどどうしたらいいのだろう?」
皆様の相続や遺言に関する悩みに真摯に対応し、円滑な相続登記手続きを行います。

不動産相続登記38,000(税別)(登録免許税等の実費は除く)

相続登記申請、相続関係説明図の作成を含みます。
戸籍の収集や遺産分割協議書の作成はお客様で行っていただきます。

相続登記安心パックで行えること

戸籍収集・調査
相続では、まず相続人を確定させる必要があり、亡くなった方の相続人が誰かという身分関係は、戸籍で証明することになります。
亡くなった方の出生から死亡にいたるまでの記載がある戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍等を本籍地の市町村役場から取り寄せて、相続人の調査・確定をします。
相続関係説明図の作成
亡くなった方と相続人の関係性を説明する書類のことで、不動産の相続登記の手続きの際、必要書類として作成し法務局へ提出する必要があります。
遺産分割協議書の作成
亡くなった方が遺言書を残しておらず相続人が複数いる場合、相続財産は相続開始と同時に相続人全員の共有になります。
相続財産に土地や建物があるなどの理由から、法定割合ではなく合理的に分配・割合等をしたいときは遺産分割協議により、例えば土地、建物を配偶者が、現金は子供が相続したり、相続割合を変更することができます
相続登記手続き
亡くなった方がお持ちの財産は相続人に相続されます。
不動産につきましては亡くなった方が不動産の名義人となっていますので、相続された方への名義変更の登記手続きが必要になります。
『 相続登記を行わないことのデメリット 』についてはコチラから  >> 

相続の手続きについて詳しくはこちらのサイトから

相続についてのご相談・お見積もりはコチラから

ページの
トップへ